地図遊びって?


当協会が定義する地図遊びとは、地図を使ってポイントを探したり、道を確認しながら進んだりとデジタルの時代に逆行してアナログを楽しむものです。

昨今は、ほとんどのスマホにもGPS機能が搭載されているのでナビゲーションすれば、目的地まで最適なルートで案内してくれます。しかし、地図遊びの”遊び”という概念から言えば、それでは面白くないし物足りません。

地図を読み違えて全然違う場所に向かってしまったり、周りの景色や風景を観ながら自分で道を探し当てていくその行程の中にこそ、楽しさが詰まっているのです。

そして、その行程にチェックポイントを設けたりして、チームで自由に回れるゲーム性を加えた街ロゲイニングや、地図の正確なトレース能力を競うお絵描きラン&ウォークなどを通じて、地図を使ってこんなに楽しめるんだ!ということをお伝えしていきたいと考えています。

過去の街ロゲイニング開催記事はこちらから

kantokをフォローする
日本地図遊び協会